介護支援専門員

ビル

介護支援専門員資格とは

要介護者やその家族の相談にのったり、様々な支援のプランニングをするための資格です。
各施設との連絡や調整、介護プランの変更なども行います。
この資格を取得するためには、まず試験を受けるための受験資格を取得しなければなりません。
これは法定資格所持者の場合には5年以上の実務経験、それ以外の場合には10年以上の実務経験が必要となります。
そのうえで介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、レポートを提出することで資格を取得することが出来るのです。
介護支援専門員資格は、5年ごとに更新することが出来ます。
更新するためには所定の研修を受け、これに合格することが必須条件となります。
その試験の合格率は、約15%程度と言われています。

京都インプラント歯科【南部歯科医院】

リハビリマッサージ 求人

福岡でマッサージをお願いするならこの病院がオススメ!

福岡 カイロ

東京新宿の整体治療

関連情報一覧

あまり聞きなれない介護支援専門員とは

介護支援専門員って介護の世界以外では聞きなれない言葉ですよね。
介護現場で働く専門職の一つなの

介護支援専門員の職場

介護支援専門員の主な職場は2つにわけられ、施設のケアマネか居宅事業所のケアマネかになります。

介護支援専門員のお仕事

介護支援専門員の仕事は、要介護状態の人あるいは要支援の記載された保険者証を受け取った被保険者は、その

介護支援専門員の役割

介護支援専門員は、介護士、看護師、保健師、社会福祉士のいずれかの分野を5年以上実務に携わっておりかつ